ツイットガイド

ツイッターの始め方, 使い方, ツイッター初心者, 実用的な使用事例, 注意事項等を紹介しています

TweetDeckの始め方

今回はTweetDeckの基本的な使い方について、初めから順を追って説明します。

TweetDeckはTwitterのアカウントを使ってログインすることができます。新たに専用のアカウントを作る必要はありません。つまり、Twitterのアカウントを持っている人であれば、すぐに使い始める事ができます。

まずは、 ホームページ(tweetdeck.twitter.com)を開きます。

Screen Shot 2014-07-23 at 11.20.45 AM

上の画面は現時点でのデフォルト(初期)ページの画面です。将来的に変更になる可能性があります。

右側に”Sign in with your TweetDeck account”と表示され、下にEmail addressとパスワードの入力欄が表示されています。TweetDeckのアカウントを持っている方(恐らく、ほとんどの人は持っていないと思います。)は、そのままメールアドレスとパスワードを入力して、ログインして下さい。


Sponsored Links

初めての人は、アカウントは持っていませんので、Twitterのアカウントでログインします。ログイン入力欄の上に白字で”Don’t have a TweetDeck account?”表示があります。 その下に青字で”Sign in with your Twitter account”と表示されている所をクリックします。

すると下の写真の様にログイン入力欄がTwitterのユーザー名でのサインインに変わります。Screen Shot 2014-07-23 at 11.33.37 AMログイン(サインイン)の入力欄に@マークで始まるツイッターのユーザー名を入力し、パスワードを入力します。ここでは例として、ツイッタービジネス活用のTwitterアカウントユーザー@TwitGuideSMBを使用してサインインします。

サイン後、以下の画面が表示されます。”Does anyone else use the @TwitGuideSMB Twitter account?”と表示があります。これは、サインインしたアカウント(@TwitGuideSMB)を他の人も使用しているかどうかの質問です。

ビジネス用のツイッターのアカウントは複数の人が(ログインして)使用する場合があります。複数で使用する場合は右のボタン(“Yes, me and others on my team”)を押して下さい。自分しか使用しないアカウントの場合は、左のボタン(“No, only me”)を押して下さい。

このメッセージからもビジネス用途でTweetDeckを使用しているユーザーが多い事を示しています。

尚、TweetDeckは、ビジネス用途だけでなく、個人で使う場合でも、とても便利です。

Screen Shot 2014-07-23 at 11.43.38 AM

ここでは例として左のボタンを押します。すると、ウェルカムの小ウインドウが表示されます。

Screen Shot 2014-07-23 at 11.50.24 AM

TweetDeckの以下の3大特徴が表示されています。

  • Create a custom Twitter experience: カスタムのツイッター体験を作成する。
    • コレクションを作成したり整理する。
    • リスト、検索結果、アクティビティ、他をチェックする。
    • サイドバーの”+”をクリック。
  • Find exactly what you’re looking for: あなたが本当に探しているものを見つける。
    • 特定のトピック、イベント、ハッシュタグを検索表示する。
    • 検索結果をフィルターで絞り込む。
  • Mangae multiple accounts: 複数のアカウントを操作する。
    • ツイート、モニター、フォローを全て、またはあなたの複数のアカウントのどれかから行う。
    • アカウントを追加する。

一番下の青色のボタン”Get started: 始める”を押します。初期設定の画面が表示されます。

Screen Shot 2014-07-23 at 12.11.36 PM

上は初期設定の画面です。TweetDeckでは、カラム(列)毎に設定内容に基づいて表示されます。左から順に、”Home @TweetDeckSMB”, アカウントのホームのタイムライン表示、Notifications (通知)、Messages (ダイレクトメッセージ)、Activity(アクティビティ)が表示されています。

ここでは、上記初期設定に加えて、自分のアカウントのツイートのタイムラインをカラムに加えてみます。

左のサイドバーの上側に縦に並んでいるメニューの一番下にある”+”マーク(Column)をクリックします。クリックすると、以下の様な小ウインドウが表示されます。

Screen Shot 2014-07-23 at 12.26.25 PM

 

カラムに表示するタイプがリストで表示されています。ここでは、自分のアカウントのツイートタイムラインをカラムに加えるので、”User”をクリックします。Screen Shot 2014-07-23 at 12.31.07 PM

カラムに追加される”User”(ここでは@TwitGuideSMB)のツイートのタイムラインが表示されています。確認して、OKであれば、右下の青いボタン”Add Column”を押します。

Screen Shot 2014-07-23 at 12.34.05 PM

右に新たに自分のアカウントのツイートのタイムライン表示のカラムが追加されました。

この様にTweetDeckは、通常のツイッターのWebクライアントではアカウントにサインイン語、切り替えて表示する内容が同時に見る事ができます。これだけでも、かなり便利です。

TweetDeckでは、さらに様々な機能があります。それらについては、これから別途、詳しく紹介していきます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top